お家のお医者さんとは

お家のお医者さんって?

新築で住みはじめ家族と共に10年20年と過ごしてきたお家ですが、
やはり経年による不具合が発生してきます。
また、代々の家を引き継いだ時、当時は最高の作りであっても
今の時代には合わなかったりすることがあります。
そのような諸症状を経験豊かなお家のお医者さん(丸茂工務店)が診断し、
治療(リフォーム)させていただきます。

丸茂工務店は他の工務店と何が違うの?

町の診療所のように、地域密着半径2km10分以内にこだわり、
お客様の大切なお家のことを1番に考えて行動するNo1工務店です。

具体的に何がNo1なの?

ご縁のあったお客様のお家に定期的に訪問し、
以前に工事した場所の点検や不具合を確認しています。
そして、お客様から実際に頂いた声を参考にし、イベントなどを通して解決しています。

それともう一つ・・・

社長が大工経験20年あることです。
その経験を活かし、自らが調査しお客様にとって何が一番良いのかをご提案いたします。

わたしの想い

私は、生まれも育ちも大和市の上草柳です。
21歳から親方の元で大工を5年間修行し、
その後、下請け業者として新築物件を建てていました。

よく皆さん「家は一生に1度の買い物だから」っておっしゃいますよね?
私は当時、その一生に1度しか建てられない家を、
大切なお客様の顔を知らないまま建てていました。

お客様も当然、私の名前も顔も知りません。
働けば働くほど給料は良くなりますが、
大切なお客様の事を何も知らないで仕事をしている自分がとても嫌になり、
「本当にこれが自分の望んでいる仕事なのか?」 と考える時間が多くなりました。

私が36歳の時、親方から連絡があり、
「Sさんから連絡があったから現場に行ってみてくれ」と言われました。
ご自宅にうかがうと、おばあちゃんから
「おじいちゃんが亡くなったから仏壇を入れるところをつくってほしいの」
と言われました。

十年以上も連絡をとっていないのに・・・
「なぜ私なのですか?」と聞いたところ、
「おじいちゃんは、一生懸命働いている丸茂さんが大好きだったから」
と言われました。

当時の私は、大工になりはじめて2年目の見習いでした。
それでもお客様は、私のことを覚えていてくれて仕事を依頼してくれました。
その時私は、「大工という仕事がこんなにも喜んでいただける最高の仕事なのだ!!」
と誇りに思いました。

そして、こんなにもお客さんに喜んでいただけるのなら、
今度は私を育ててくれた地域の皆様に、
自分の技術を活かして何かお役に立てる事は無いかと考えた結果、
私は「リフォーム工事で成功する人を大和市で増やしたい」と思いました。

丸茂清和

リフォーム工事はただ単に工事するだけではなくて、
工事をした事によってその家に住む人、
すべての人が笑顔で快適に生活する事が出来なければダメだと私は考えています。

「全てはお客様の笑顔の為に」職人一同で取り組んで仕事します。

株式会社丸茂工務店
代表取締役社長 丸茂清和